FC2ブログ
2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2018.06.11 (Mon)

【永藤家の着物生活】 木綿着物の洗い方

梅雨時期は蒸し蒸し><;

着物にもじんわり汗をかいたりして洗いたーいという気持ちになりますね
梅雨の晴れ間にちょうど時間が出来たので手洗いしてみました

本日は我が家の木綿着物の洗濯法をご紹介です。

!!注意!!

・藍染や草木染等の色落ちしやすい木綿着物は色落ち色移りもしやすいので、
 以下の方法では洗濯しないでください。

・仕立て時に水通し又は湯通しをしていない木綿着物は縮みが大きく出ますので、
 以下の方法では洗濯しないでください。

・よくわからなければ購入した店等に相談してください。

!!注意終わり!!


まずは着物を衿が外側になるように袖だたみ
水をためたたらいの中におしゃれ着用の中性洗剤を数滴
我が家では袖幅が折れない程度の大きさ(40cm幅ぐらい??)のコンテナを洗い桶にしてます
34755317_1701464546596120_8441759152295903232_n.jpg
↑そして着物投入

まずは押し洗いして着物全体に水を通します
シミなどがあれば、つまみ洗いしてくださいね。洋服と同様、中性の洗濯石鹸などでゴシゴシ。

すすぎます←洗剤の泡が出なくなるまで(2~3回)

木綿着物にはりが欲しい方は、ここで洗濯のりをつけます
34837309_1701464586596116_7462638640397549568_n.jpg

40cm前後の幅のネットに入れて
洗濯機で脱水します(30~長くても60秒までが適当)
※麻の着物の場合は脱水せずにぽたぽたのまま干すのがベター(←シワが寄りにくいです)

脱水終了後すぐに
着物ハンガー等ににかけながらシワをのばします(陰干し)
34888002_1701464506596124_419082791116865536_n.jpg
濡れた状態で、ぱんぱんたたいてしわ伸ばしします
※特にシワを伸ばしておきたいところ
・袖の底
・衿の先
・裾
・上前(着物を着た時上にのる前身ごろ)
ここは面倒でも布目を通しておくとあとが楽です

夏場なら半日もあれば乾きます
衿を触って乾いていればOK。畳んでしまいます

以上
永藤家の手洗いでした


普段は洗濯機の手洗いモードで洗うんですが、夏場はこのほうが気持ちよくて好きです
手洗いだと使う洗剤と水の量も少ないですしね

時間のある時、水遊びだと思ってやってみてください♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
呉服 永藤
広島県三原市城町1丁目7-17
火曜日定休 電話 0848(64)7878

三原駅前から徒歩5分♪お店のホームページはコチラ
呉服 永藤

ふだん着物のネットショップはこちら↓
ネコのヒゲネットショップへ

↓↓↓月1更新☆永藤のぶっちゃけ話、商品案内、お得情報はこちらをチェック!↓↓↓
メルマガ

読んだよ~のポチお願いします^v^
広島ブログ


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
最後までお読みいただきありがとうございました^^

スポンサーサイト
14:08  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nagatou.blog54.fc2.com/tb.php/1237-07a08cf0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |