2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.02.25 (Wed)

棚から保多織(ぼたおり)

20090225112836.jpg
空から保多織が降って来ました。(嘘です

噂に聞く保多織が入荷したのでさっそく触らせてもらいました
香川県高松市で織られている綿織物。ホームページの柄見本を見て
明るい色調でやさしい感じだなぁとは思ってたんですが実物を見てみるのはこれが初めて

保多織(ぼたおり)とは…

保多織(ぼたおり)はいつまでも丈夫なことから「多年を保つ」という意味で命名されました。

 1689(元禄2)年高松藩主・松平頼重公が産業開発と幕府への貢献のため、命を受けた京都出身の織物師・北川伊兵衛常吉によって創られた一種独特の絹織物に始まります。

高松藩の保護を受け、幕府への献上品として使われたことから、江戸時代は上級武士にしか着用が許されませんでした。独特の技法は北川家が六代にわたり、一子相伝の秘法として受け継がれました。

岩部保多織本舗より引用



やわらかくてマシュマロみたいな新触感
触りごこちがすごくいいです。色も写真で見たのより明るめかなぁ
思ってたイメージより触ってみた感じの方が断然良いですよv

生地をひっぱったら縦横はしっかりしてて斜めはのびる感じなのですが
これは保多織特融の織り方によるものらしい
う~ん、摩訶不思議

反物もいくつか入れたので店頭で売ってみようと思います

というわけで
保多織 単衣仕立て(バチ衿) 23,000円にて販売致します
興味のある方はお問い合わせ下さい♪

(久々に着物屋らしい記事になりました・笑)

広島ブログ
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

【More・・・】

おまけ
20090224171233.jpg

旦那さまのお土産
地場焼酎と地場漬物ブチウマ
スポンサーサイト
12:43  |  保多織  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nagatou.blog54.fc2.com/tb.php/143-53617ad3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。