2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2009.10.16 (Fri)

自分で着物を作ってみたよ。

いわし雲の流れる夕暮れ
秋ですなぁ。。。
20091012171435.jpg


その夜(深夜)
やっとこさ綿麻の単衣が完成
20091012224217.jpg

夏のワードローブにと作り始めたのが5月

ななこの寝てる合間に夜な夜な作っていたのでこんなに日数かかりました。


10月

もう夏過ぎてるなぁー(苦笑

まあ当初の目的は果たせませんでしたが^^;
一度縫ってみたかったのときものの部位の名前を覚えるのと、寸法云々、
何がどうなってるのか知りたかったんで良しとしよう

今回は次回作(またやるんかい)の為のおぼえ書きも兼ねて制作日誌をつらつらと。
お付き合い下さい~^^;

■制作日数■


半年(笑)ななちゃん寝てからの夜なべタイムで作ってるので
一日2時間×30日×5=300時間ぐらい?

やる気のある時週3と半月ぐらい寝かしてた事もあるので
1/3の100時間ぐらいでしょうか?
ちゃんと測っとけばよかったなぁ。。。
日数にして丸3日ぐらい。
プロの和裁士さんは5時間ぐらいで一着縫いあげるらしいので(そういう試験があるらしい)
嫁の実力がわかるというもの。(プロと比べるのも何ですが^^;)

運針とくけはもっと練習してから作れば良かった。。。
あと日数置くとへらで印つけたのが見えなくなっちゃうので一気に作るほうが楽だったかも==;

■難しかった。。。■

袖付(胴体と袖を合体させるのが)

全体を通して「くけ」
単衣の着物はあまった布をくけるんですが、表に響かないようにくけるのが難しかった~
前見ごろ2回やり直しました==;
昔、姑さんが「袷のほうが楽よ~。」
と言っていた意味がやっとわかった

■とりあえず着てみた■制作過程でもソワソワしながら袖通してたんですが
やっぱり出来上がって袖を通すと感無量ですなぁ。
正真正銘、私の着物♪って感じで。
20091012234321.jpg
縫い目のへたれ感すら愛おしい。。。v
帯の位置が低いのは
20091012234430.jpg
身八つ口まで縫っちゃったからです^^;
これでは身丈の長い男物
かんぬき止めするまで気がつきませんでした

身八つ口って大事だったんですね。
着る時手を入れてととのえたり出来ないし、着にくいこと。。。
それはそれで機能的に作ってあるんだなぁ

当面は部屋着(笑
来年の夏までには直します、多分。

■おまけ■
20091013001048.jpg
せっかくなので旦那の角帯を締めてみました
下腹に帯ってすごく楽ちん♪

旦那はいつもこのスタイルで着物着てたのか。。。
いいなぁ。元禄スタイル。部屋着なら腰に帯が楽だなぁ。。


広島ブログ← 広島のブログがいっぱい

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←十人十色、着物ブログが集まってます
スポンサーサイト
11:30  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

No title

すごい・・・!
これは、思い出の 大切な1品になりますね
やっぱり 手づくり・・・手作業は 素敵だー!
くぅー |  2009.10.16(金) 17:05 | URL |  【編集】

No title

手作りの着物、
いいですね。
なんだかカッコイイです(*^_^*)

遅くなりましたが
お祝いコメントありがとうございましたm(__)m
かしぴり |  2009.10.19(月) 14:02 | URL |  【編集】

くぅーさんへ

レス遅くなりました、ごめんなさい><;
時間はかかったけど色んな事がわかっていい経験になりましたv
手が荒い(苦笑)のはしょうがないとして、ちょっとしたお直しなら自分でもできるかも♪^^;
針仕事は楽しいです~♪
ちか |  2009.10.23(金) 09:15 | URL |  【編集】

かしぴりさんへ

いえいえ、これから忙しくなります。
お互い育児頑張りましょうね~^^/
ちか |  2009.10.23(金) 09:58 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nagatou.blog54.fc2.com/tb.php/273-64b1bb5b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |