2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.06.10 (Thu)

カスタマイズ帯。

今日は帯の話


袋帯、名古屋帯、かがり帯、半幅帯、兵児帯と色々ありますが
私が着物屋に嫁ぐ前目から鱗だったのは帯も仕立てがあることでした


仕立て上がりの帯は買ったらすぐ締めて使えるけど
仕立て前の帯は帯地+帯芯という帯の中に入れる生地が必要

着物屋さんの商品って買ってすぐ使えるものばかりじゃなくて面倒くさい
なんで最初から作ってないんだろう?と思ってました

でもね、実際に使う時になるとその人の結び方で芯のバリエーションもあったほうが
良い事もあるわけです

帯芯は主に

塩瀬の帯に入れる厚めの綿芯

やわらかくて軽い絹芯

その他「絽」や「紗」の夏物帯に入れるカラー芯(帯地が透けるので中の帯芯が見えるの)
などなどあります

20100610135406.jpg
こんなやつ

帯の堅さも好みがあるので
がっつりしっかり決めたい☆人には固い綿芯を

はんなりやわらかいお太鼓にしたーいという人には絹芯
何より軽いので袋帯とかに入れると背負うのが楽らしい

帯も自分の好きなスタイルで生地を選んでカスタムするんですね

そういえば昔の袋帯とか丸帯をほどいてみると
分厚くてふわっとした綿芯が入ってる事が多いです

最近の帯芯は綿でも薄くて固いものが多いから
帯芯もその時代の流行があるのかもしれません

先日銀座結びをしてみて、
帯芯にもこだわりがあるのに気がついた嫁なのでした

広島ブログ← 広島のブログがいっぱい
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←十人十色、着物ブログが集まってます

←エンジョイ♪きもの。
スポンサーサイト
14:16  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

初めまして

なるほど。すごく勉強になります。

まだまだ着物は誂えることはできませんが、着物は大好きでよく着ています。

帯ひとつとってもそんな違いがあるんですね。ほんと、勉強することがたくさんあります。
この芽 |  2010.06.11(金) 11:11 | URL |  【編集】

この芽さんへ

初めまして。コメントありがとうございますv
着物屋に嫁いでから着物にも種類やこだわり要素がいっぱいあるのだ~と世界が広がりました^^
勉強する事がたくさんある分、楽しくもありますよね~♪
ちか |  2010.06.11(金) 13:33 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nagatou.blog54.fc2.com/tb.php/433-a4aaca9e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |