2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2010.06.25 (Fri)

きもの専門の洗い屋さん

昨日の水通しの話の中で
「クリーニングに出す方もいらっしゃいます」
とブログに書いたんですが

着物を普通のクリーニング屋さんに出すと勘違いされてもいけないので
補足させていただきます

今日はきもの専門の洗い屋さんについて

普通、服を洗いに出そう!というとクリーニング屋さんに出すと思います
着物の場合は
「きもの専門の洗い屋さん」
というのがいらっしゃいます

うちでお世話になっている洗い屋さんは着物の取り扱いがすごく丁寧☆

汚れって、水溶性の汚れと、油性の汚れ、混合の汚れとあるんですが、
まずは目に見えない汗じみなど、水溶性の汚れを手作業で抜き、
それからファンデーションの汚れなど、油性の汚れをその生地にあったやり方で抜いていきます
全体的にくすんできた着物は丸洗いに、洗い張りに
その着物にあったやり方を提案してくれます

リフレッシュした着物はきちんと畳んで、ヨレの無いようにシツケを付けたり、
間に紙をはさんだり、
「着物の形を保全する」事をしてくれます

リフレッシュした着物は次に開けたらすぐ着れるように。

戻ってきた着物を見るとそんな気遣いを感じます


一口に「洗う」仕事というのも難しい
信頼できる「洗い屋」さんを選べるといいなぁって思います

広島ブログ← 広島のブログがいっぱい
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←十人十色、着物ブログが集まってます

←エンジョイ♪きもの。
スポンサーサイト
14:36  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

洗い

こんにちわ、いつも楽しく読ませて頂いてます。

洗いはとても手がかかってるんですね、高いはずです、私はよほど良物意外のカジュアル着は出してません、(スペシャルにいい物はガード加工してるので洗いは無料なので着たら即、出します)
洗いだけなら覚悟?をしてた額ですが、ご親切にシミ抜きなぞをされてしまったひにゃー、ガビーンです、そして綺麗になったものは汚せないトラウマで二度と袖を通せません
昔のひとはやってたからなんとか家で出来ないかと思ったりしてますが、最近はもっぱら浴衣とポリを愛用中です。
ren |  2010.07.03(土) 11:05 | URL |  【編集】

renさんへ

renさん、こんにちは^^
>昔のひとは
ですよね~。私も考えました(笑
が、洗うスペースと伸子針やら何やら道具もいるようなので絹物は洗い屋さんに任せております^^;
うちも普段は専ら木綿~~~♪
洗い屋さんもシミまできっちり洗う方、部分対応して下さる方、色々いますからねー^^;
近所に色んなタイプの洗いやさんがあると懐具合で使い分け出来ていいかも♪

ってその洗い屋さんが着物屋以上に少ないのがなんともかんとも。。。^^;
ちか |  2010.07.04(日) 14:14 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nagatou.blog54.fc2.com/tb.php/446-adc2165b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |