2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2014.07.14 (Mon)

マイサイズのお仕立てを振り返る・保多織編

前回の続きです~
はじめて自分サイズでお仕立てしたのが保多織でした
2014kimono.jpg

身長158cm
洋ナシ体型
詳しいサイズは全世界配信したくないので気になる方は別途お尋ね下さい

寸法はコチラ

背身丈 420
前幅  65
後幅  80
衿下 210
裄  175
袖巾 88
肩巾 89

衿肩明25
くりこし8分
抱き巾指定ナシ
(尺・寸・分表記)


当時は
・仕立ての事ちんぷんかんぷん
・着物はたまーに着てたけどそこまで頻繁じゃなく裾や腰紐の位置まで意識してない
・着付もその時々で出来あがりが違う
・はじめての木綿着物でどれぐらい縮むのか見当がつかない
という頃でしたので
広めに作った気がします

ついでに、わけもわからないまま着物の衿といえば広衿だろ?
で広衿にしていました

これはあとからバチ衿の方が着付やすくて良かったな~と後悔したんだけど
保多織の場合は生地が薄めなので胸元が丁度良い厚みになってくれて良かった
けがの功名(笑

以降、よく着る着物の時はバチ衿派です

着心地

前、後、衿下問題ナシ

身丈
当時は姑さんに教わった着方で着ていたので帯位置高め、腰紐も高めでしたので
この寸法で問題なかったんだけど
加齢に伴い帯と腰紐の位置がだんだん下がりまして・爆

今はこの寸法だと腰ひもを締めた時点でおはしょりが長くなるのであと2寸減らしたい
すると背身丈2尺。なんか短い?

ついでに言うと保多織は
・生地が薄くて
・綾織物なので伸びやすい
性質があるので割とタイトな寸法でも良かったかな~と思う

しかしこの二寸を減らしちゃうと腰とウエストくびれの補正分生地がなくなってしまうので
補正を入れないといけなくなるのです。。。←それはそれで面倒==;



上の赤い寸法がが仕立てに出した時の寸法ですが
今現在の実寸を計って見ると(手ばかりなので多少の誤差はあります)

背身丈415.。。。(5分縮んでる
ちなみに裄は178となぜか3分伸びてました。。。計り方か!?^^;

それでも余りある身丈

当時より太ってるんだけどなぁ~(さんきろ。
色々考えた結果

保多織仕立て当時(一人目出産後授乳期→胸でか。

授乳終了(胸しぼむ

抱っこ期(腕の筋肉つく、上半身だけ痩せ)

これが原因だと思われ





6年目の保多織はさすがにくたくたのゆるゆる

でも着心地はサイコー>▽</

さすがに張りがなくって着姿を見るとくたくた加減が目立つようになってきたので
そろそろ長襦袢に下ろそうと目論んでいるんですが、なかなかくたばってくれません
もう、前身頃にシミでも出来たら決断が速いんだけどなぁ。。。

愛すべきワードローブです

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
↓↓↓ネットショップはコチラ↓↓↓


読んだよ~のポチお願いします^v^
広島ブログ

お店のホームページはコチラ
呉服 永藤

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
スポンサーサイト
14:55  |  お仕立て遍歴  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nagatou.blog54.fc2.com/tb.php/937-75f59625

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |